小型船舶補足説明

小型船舶補足説明

 

小型船舶の用語についての補足
  • ※ ライニング:既存の構造物に対してその構造物では得られない性質、あるいは弱点を保護する ためその表面または内面に、異質の皮膜を施す工程をさします。  たとえば木は錆びないし加工しやすいですが、時間が経つと腐食したり強度的に不足したりします。 そこでライニングを施せば硬くて丈夫で腐食を極力防ぐことが出来ます。  ライニング材にはたくさんの種類が有りますが、当社ではFRP樹脂のライニングを施します。 
  • ※FRP:繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastics)の略。 繊維にはカーボン繊維など種類があるが、当社はグラス繊維を主に使用している。  利点:・金属材料よりも比強度が大きく、軽量化が可能  ・腐食しにくい  ・補修が容易である  等。  欠点:・素材の分離が困難で、リサイクルや廃棄処分が難しいことも多い。 
  • ※1海里:1.852キロメートルの距離。(海上の距離を表す単位)
  • ※1フィート(feet):30.48cm≒30cmの長さ。(船体の大きさを表す単位)
  • ※1ノット(knot):1.852km/hの速さ。 (船舶の速度を表す単位)

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、カンノが2014年9月29日 17:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初投稿」です。

次のブログ記事は「船外機の補足説明」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • BK100-3.jpg
  • BK100-2.jpg
  • BK100-1.jpg
  • yfh-f.jpg
  • yfh-e.jpg
  • yfh-d.jpg
  • yfh-c.jpg
  • yfh-b.jpg
  • yfh-a.jpg